ページの先頭へ△
スポンサードリンク

2016年01月03日

「おきなわ花と食のフェスティバル」はグルメが満開!花より団子!!

tabiness-hanashoku3a.jpg
沖縄・那覇の桜は毎年2月に開花しますが、それにあわせて那覇では「おきなわ花と食のフェスティバル」というイベントが開催。でもメインは「花」ではなく「食」。まさに「花より団子」のイベントです。試食も豊富で、沖縄ならではのグルメも盛り沢山。桜もちょうど満開の時期に開催されますので、「花と食のフェスティバル」は桜も満開ならグルメも満開。絵に描いたような「花より団子」を、冬の沖縄で楽しみましょう!

那覇の奥武山公園はグルメイベントの聖地!


冬の沖縄と言えばひまわりや桜が開花する時期。まさに「花」の時期ですが、ちょうどのそのタイミングにあわせて、2月の沖縄那覇では「おきなわ花と食のフェスティバル」というイベントが開催されます。開催場所は那覇中心街と那覇空港の間にある「奥武山公園」。10月にはグルメパラダイスの「沖縄の産業まつり」、11月には島限定グルメが堪能できる「離島フェア」も開催される、まさにグルメイベントの聖地です。

しかも公園内には桜の木があるので、タイミングがあえばイベントと一緒に花見もできます。でもイベントそのものは「花より団子」。グルメの充実度は半端ではありません。まさに桜も満開なら、グルメも満開の「花と食のフェスティバル」。先の2つのイベントとあわせて「沖縄の3大グルメイベント」といっても過言ではありません。

「花より団子」を絵に描いたようなグルメの祭典「花と食のフェスティバル」


「花と食のフェスティバル」は毎年2月初旬の土日に開催します。会場は奥武山公園内の「沖縄セルラースタジアム那覇」の周辺。メインの会場はスタジアム南側の駐車場で、グルメ関連のブースが所狭しと並びます。しかもこのイベントのブースでは、その場で食べるものが多くまさに「グルメの祭典」。沖縄の3大グルメイベントの他の2つ、「産業まつり」と「離島フェア」では持ち帰るグルメが多いですが、この「花と食のフェスティバル」はその場で食べ比べできるグルメがとても多い。

もちろん他のグルメイベント同様、試食も豊富。試食だけでもお腹いっぱいになるほどです。でもお金を出しても食べたくなるグルメも多く、公園内には桜もあるのにグルメばかりに目が行きます。まさに「花より団子」を絵に描いたようなグルメイベントです。

試食し放題の食べ放題!「FISH-1グランプリ」のブースは要チェック!


「花と食のフェスティバル」はグルメの祭典ですが、中でも「フィッシュワン・グランプリ(FISH-1 GRANDPRIX)」は大注目。大きなテントの中に10数社が出店して、沖縄近海で獲れた海産物を利用したグルメ対決。全て試食可能で、その試食をした人が投票してグランプリを決めるシステムです。中にはこれをきっかけに一般販売になるグルメもあるほどレベルが高い。しかも来場者は試食し放題の食べ放題。2015年でまだ第3回と日は浅いですが、「花と食のフェスティバル」でも一番人気のブースです。

他にも沖縄の肉を利用したグルメ満載の「まーさん市場」というブースもあり、食べ尽くせないほどのグルメがある「花と食のフェスティバル」。「花より団子」そのもののグルメイベントです。

基本は食べ歩き!両手を空ける装いで沖縄グルメを満喫


会場では「紅芋アイス」のような沖縄らしいグルメはもちろんのこと、離島グルメも充実。中でも石垣島の石垣牛を利用したグルメは毎回大人気。常に長蛇の列ができています。また会場で販売されているものは、基本的に「食べ歩き」ができるものがほとんどなので、できる限り両手が空く装いがおすすめです。またその場で食べるものだけではなく、持ち帰ることができるものもありますので、背負ったり肩にかけたりするカバンを持って行きましょう。買い物袋などで両手がふさがると、試食もままなりません。「花と食のフェスティバル」では両手をあける装いがおすすめです。

もちろん花のブースも充実!食後の小休止におすすめ


「花と食のフェスティバル」なので「花」関連のブースももちろん充実しています。屋外会場では花や鉢植えなどを販売していますし、屋内会場の「沖縄県立武道館」では「園芸フェア」が開催。フラワーデザインコンテストが開催されたり、生け花展などもあって、花好きの方にはとても楽しい会場となっています。しかも「花より団子」目的の人が多い「花と食のフェスティバル」なので、県立武道館は比較的空いていてのんびり花の観賞ができます。「花より団子」の方でも食後の小休止におすすめです。

おきなわ花と食のフェスティバル まとめ

「花より団子」を絵に描いたようなイベントの「花と食のフェスティバル」。公園内の桜が満開でも、ほとんどの人がグルメ会場に直行。それほどグルメの充実度が高いイベントです。しかもその場で食べるグルメが多いので、イベントに行かなければ味わえないものばかり。開催場所が那覇中心街と那覇空港の間にある奥武山公園なので、地元の人だけではなく、観光客も行きやすいイベントです。ちなみにモノレールだと「奥武山公園駅」からアクセスするのがおすすめです。

イベントは毎年1月末から2月初旬の土日に開催。時間は両日ともに午前10時から午後6時まで。もちろん入場無料です。沖縄の3大グルメイベントの締めくくりとなる「おきなわ花と食のフェスティバル」。那覇での桜の開花時期でもありますので、ひと足早い花見とあわせて沖縄らしいグルメを堪能しに冬の沖縄へ。「花も団子も」楽しみましょう!





posted by 離島こむ at 00:00 | 4.沖縄本島エリア

沖縄・与儀公園で花見!桜の名所で衝撃的な花の色を楽しもう!!

tabiness-nahasakura3b.jpg
春の風物詩「桜」。沖縄では冬に咲き乱れます。しかも沖縄の桜はピンクの色がとても鮮やか。南国沖縄らしい濃い色彩が広がります。そんな色鮮やかな桜の名所が、那覇市街にあります。国際通りからもアクセスしやすい「与儀公園」。沖縄観光の際に気軽に花見もできることでしょう。衝撃的な桜の色に加えて、沖縄でしか望めない絶景も!?ひと足早い沖縄の桜と、ひと味違った絶景を冬の沖縄で楽しみましょう!

鮮やかすぎる桜!この濃いピンク色は沖縄の冬の風物詩


色鮮やかなピンク色の花を咲かせる沖縄の桜。その桜は「カンヒザクラ(寒緋桜)」という種類で、旧正月前後に咲くことから「ガンジツサクラ(元日桜)」とも呼ばれます。その名の通り冬の旧正月前後に沖縄の桜は開花します。開花時期は名護など沖縄本島北部の山間で1月後半、本島南部の山間では1月下旬頃に開花します。そして2月上旬には本島南部の那覇市街でも桜が開花します。とにかく色鮮やかなピンク色の桜は、南国沖縄らしい色彩。ソメイヨシノの淡いピンク色もいいですが、南国沖縄ならではの鮮やかな桜もいいものです。まさに沖縄の冬の風物詩です。

国際通りからも気軽に行ける桜の名所「与儀公園」


沖縄では本島北部で1月中旬から始まる桜の開花ですが、2月になれば那覇でも桜の開花が始まります。那覇市街には桜の木が点在しており、町の各所でも色鮮やかな桜を望むことができます。そんな中でも一番の桜スポットは、国際通りからもアクセスしやすい「与儀公園」。国際通りから約1km。沖縄らしい公設市場やアーケード街を通った先。徒歩でも約15分ほどで往来できます。

与儀公園は病院や図書館など福祉・公共施設が集約するエリアにあり、そんな中でもオアシス的存在。公園内には「ガーブ川」という小さな川があり、その川の両側にあるのがまさに桜並木。公園内には他にも桜がありますが、見所はやっぱりこの川沿い。中でも川にかかる小さな橋から見る桜は絶景レベルです。

沖縄の花見は散策が定番!宴会感覚がないので静かに楽しめる


沖縄では花見で「宴会」という感覚はあまりありません。むしろ沖縄では散策しながら花見をするのが定番。静かな環境の中で花見ができるのが沖縄の桜のいいところです。与儀公園自体はそんなに大きな公園ではありませんので、川沿いの遊歩道をのんびり往復するのがおすすめです。また桜の開花時期に公園内では「那覇さくらまつり」というイベントが開催されますので、花見以外も楽しむことができます。公園北側のすぐ近くにもスーパーマーケットがありますので、お祭りの出店と合わせて活用するといいでしょう。

沖縄限定の絶景!春の桜と夏のパームツリーを同時に楽しめる与儀公園


与儀公園での花見は、桜の背後にパームツリーという変わった光景を望めます。冬の沖縄で、春の象徴「桜」と夏の象徴「パームツリー」を同時に望める光景。他ではなかなか望めない絶景です。しかも沖縄の空の色は、冬でも晴れれば深い青色。鮮やかな桜のピンク色と空の深い青色とのコントラストも冬の沖縄ならではです。

与儀公園と一緒に行こう!趣がある石畳の「壺屋やちむん通り」


与儀公園は国際通りから約1kmぐらいの距離にありますが、その間の道のりも見所満載。観光名所でもある「牧志公設市場」やアーケード街があるだけではなく、趣がある石畳の「壺屋やちむん通り」もあります。シーサーや陶器などの焼き物店が立ち並ぶ壺屋ですが、ここでもきれいな花を望めます。国道330号線から通りへの入口には大きなガジュマルの木があり、石畳の通り沿いにはブーゲンビリアの花が咲き乱れています。石畳の雰囲気がとてもいい壺屋やちむん通り。与儀公園での花見と合わせて必ず訪れて欲しいスポットです。

沖縄・与儀公園の桜/花見 まとめ

沖縄の桜はいろいろな意味で衝撃的です。あの鮮やかなピンク色には驚かされます。とかく天気が不安定な冬の沖縄ですが、曇り空でもあの鮮やかな色は南国沖縄を必ず感じることができます。冬しかあの鮮やかなピンク色は望めませんので、桜好きの方もピンク色が好きな方も冬の沖縄はおすすめです。ひと足早い花見だけではなく、ひと味違った桜がある絶景を、冬の沖縄で見てみませんか?那覇での桜の開花は、2月前半。行くしかありません!






posted by 離島こむ at 00:00 | 4.沖縄本島エリア

旅行したくなったら航空券をチェック!

JAL 日本航空ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】